キャンプ初日 グレートオーシャンロード

オーストラリア

バイクに日本の泥が付いていたと言う理由で、洗浄のためメルボルンに拘束されて2週間。

ようやくバイクを引き取ることができた2016年11月下旬。

市内でバイクの盗難やいたずらがあってはたまらないので、受け取りと同時にキャンプを開始するため、朝から動く。

またもやトラブル グローブにカビ

しかし、ここでもトラブル発生。

バイクには、ジャケットやヘルメットなどのバイク装備と、テントをはじめとしたキャンプ装備を積んだ状態で輸送している。

その中のバイクグローブが酷いことになっていた。

かび、カビ、黴だらけになっていたのだ。

証拠写真は無いが、あまり見て楽しいものでもないだろう。

原因としては、日本で輸送業者に預けるまでに着用していた皮脂や湿気が、風通しの悪い船室の、バイクのケースの中でカビの温床になったのだと思われる。

イメージとして、グローブの表面積の2割くらいにカビが生えている感じ。

もちろん裏側はもっと激しい。

とてもじゃないが、着用したくない。

ホステルにはもともと荷物をバイクで取りに行く予定だったので、ホステルのキッチンでグローブを洗う。

表に停めてあるバイクになにか起きないか、心配しながら。

グローブはナックルガードが付いているようなごついのではなく、ただの革のグローブなのだが、硬くてなかなか裏返せないのがもどかしかった。

この踏んだり蹴ったりな感じ、想像してもらえるだろうか。

バイクの汚れといい、カビといい、対処しておけば回避できる話だ。

そこがまた気分を萎えさせる。

教訓
バイクグローブの長期保管は、洗濯してから。
素材によっては乾燥剤も効果的。

またメルボルンを出る際には、パトカーに声をかけられるなんてこともあった。

理由は馬鹿げた話で、僕のナンバーに SA の文字があったことから、

「サウスオーストラリア(おとなりの州)から来たのか?」

なんて問いかけ。隣の車線の運転席から、なんとも気軽に話しかけてくる。

正直僕は、「なにか違反行為しちゃったかな」とびくびくしていたので、蓋を開けれ見れば、しょうもないの一言。

警官なんだから自国のナンバーくらい把握しておけって話だ。

でもね、ミラーに見えているパトカーが流れと共に近づいてきて、挙句に声をかけてくるその感触。

あんまり楽しいもんじゃないよね。

これはまぁ何回あっても構わないくらいの些細な話だけど、おそらくこういうシールを貼っておけば防げた。

JAFでカルネを申請するときにもらえるシールだ。

教訓
国識別記号「Jマーク」は貼っておくのが無用のトラブルの防止のため。

でも正直なところ、僕は旅の間ほとんど貼っていなかったが、この日以外には何の問題も起きなかった。

たぶん、国際間協定のルールを把握している警官がそもそも少ないし、摘発するモチベーションもない。

でも、ルールとしては必須のものだそうなので、同じことを考えている人は、まぁ付けておいたほうがいいだろう。

JAF カルネで使用する国識別記号「Jマーク」とはなんですか?

いろいろあったが、ツーリング出発

ともあれ、無事バイクにまたがり、ルームメイトともお別れし、最初のキャンプ地へ。

いろいろてこずったので、初日は300km程度。

メルボルンから西へ、グレートオーシャンロードをひた走る。

曇り空で、最高のツーリング日和とは行かないが、まぁ雨さえ降らなければ勝ちだ。

このころには手洗いしてびしょびしょだったグローブも乾き、気分も完全に復活して、ライディングを楽しんでいた。

下の写真は自分の撮影ではないけれど、グレートオーシャンロードの走行風景がよくわかる一枚。

崖の上にでるような場面が多く、つねに崖と荒れた海が見える。

相当な爽快感だが、余所見に注意だ。

まぁ制限速度に合わせていれば、危ないことはない。

キャンプ場

記念すべき海外初キャンプは、Aire River East Campground。

国立公園内の有料のキャンプ場だ。

このころは、まだキャンプ場を探すノウハウも確立していなかったので、10ドルくらいの料金を到着時にネットで払った。

僕は旅全体を通して、キャンプは無料の場所でやってきた。

しかし、有料の場所はそれはそれで、何かしら払うだけの価値がある場合が多い。

ここでは、こんなものに出会うことができた。

わかりやすく写真を明るくしているが、日没前後のかなり薄暗い中での遭遇。

コアラがこんなにも移動速度が遅いだなんて初めて知った。

狩る気なら、こんなに簡単な獲物もない。

距離も、よろうと思えば1メートルまで寄れるような状況だった。

ツーリング初日でコアラに出会えるなんて、やっぱり僕はついてるんだろう。

このときはもう、冒頭に書いたいろんなトラブルは頭から抜け落ちている。

客観的にみても、シアワセなやつかもしれない。

そしてこの夕日。

そんなこんなで、つまらないトラブルは色々とあったものの、海外バイクツーリングの初日は気分上々で終わった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました