ピンク色の塩湖に遭遇

オーストラリア

この日はCockatoo Lake Reserve から、White Criffs Reserve へ移動。

だいたい550kmほどの移動。

一日の移動距離としてはこのくらいがちょうどいいと感じる。

この旅では最高で1日1000キロを超えたことがあるが、そこまで頑張ってしまうと、次の日は疲れて旅を楽しむどころじゃあなくなる。

あれはリトアニアからポーランドを突っ切って、ドイツのハンブルグまで行ったときだったかな。

バイクを修理に出す日程を1日間違えていて、大慌てで2日分の距離を移動したんだった。

話がそれたが、この日走っていた道路はこんな感じ。

並木が立っているあたり、まだ人の手がきちんと入っている。

大きなピンク色の塩湖

そんなふうに平和で安全なライドだと油断していたら、視界にありえない色彩が飛び込んでくる。

これはなんだろう?

あなたなら、どこまで入っていきますか?

せっかくここまでやってきたんだから、まぁ周りの人が行っているあたりまでは行きたい。

中まで入ってみると、正体は塩湖だった。

綺麗だなと思う一方で、色が色だけに血の色も連想してしまって、不気味さもある。

向こう岸は、見えてはいるけどもまぁでかい。

地面のでこぼこはなんなんだろう、と寄ってみるとこんなかんじ。

飛んできた葉や枝に塩が結晶化しているんだろうか、綺麗でもあり、不気味でもある。

ピンクになっている道理はよくわからないけど、ミネラルとか、バクテリアとか、そういうものの仕業だろう。

記事には塩湖と書いたけど、僕は知らずに遭遇したので、いい驚きを楽しむことができた。

でも、昔のアボリジニなんかは、どう思っていたんだろう?

生活の上では塩は貴重で、栄養源としても調味料としてもこの湖は宝物だっただろう。

しかしこの色は本当に不気味じゃないか?

「昔大きな戦いがあって、たくさんの人が死んで、彼らの呪いが残っているんだ」とか、部族の長老に言われたりしたら信じてしまいそうだ。

次のキャンプ地へ

途中にあるアデレードの街で、キャンプで使うバーナーの燃料だけ仕入れてまた移動。

次のキャンプ地に向かうオフロードに入る。

このあたりは良くならされ、固められていて、雨さえなければオフ車でなくても問題なさそうだ。

せっかくオフも行けるバイクを選んだのだから、どんどん未舗装路に入って行きたい。

そして無事にたどり着いた White Criffs Reserve はまた、いろいろと思い出に残る場所のひとつだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました