オーストラリア キャンプツーリングDay2

オーストラリア

外国での初キャンプの感想は、「まあこんなものかな」だった。

バイク自体はこの旅のために乗り始めたが、キャンプツーリングの予行演習を北海道で約一ヶ月やっていたので、やることは分かっている。

テントを立てて、飯を作って、食ったら寝る。

見知らぬ地で、何とかやれている。この実感が持てていることは大きい。

テントの撤収を終えたら早速出発。

南の方は、まだ緑もあって、のどかな牧草地で一服すれば、しっかり休める。

まだアウトバックの地獄を知らない、平和なひととき。

二日目のこの日のルートはこんな感じ。

400kmに満たないので、まだまだ様子見といったところだ。

道中、12 Apostles という奇岩を見に、ビューポイントに立ち寄る。

Apostle(アポスル)は使徒という意味で、キリスト教の12使徒にちなんで「人のように見える奇岩が12個ありますよ」というネーミングだ。

眺めはこんな感じ。

グレートオーシャンロードのハイライトだった。

ビーチまで降りることもできるようだし、トレッキングを楽しめるコースもある。

ここではタスマニアのGS乗りと立ち話をした。

「タスマニアには来るのか?来たなら一緒に走ろうじゃないか」と名刺をくれた。

結局かれと一緒に走ることはできなかったけど、こういう逢瀬は気分を高めてくれる。

こうやって話しかけるきっかけがあって、歓迎もしてくれて、何なら一緒に走ろうという話にまでなるのは、バイクならではの楽しみだ。

そのまま12 Apostles を出発、緑の中をひた走る。

正直、ただバイクで走るだけということであれば、中部の荒野よりもこの辺りの方が楽しいかもしれない。

メルボルンの北にも、バイク乗りに人気のワインディングがあるそうなので、ライディングという意味では目的地のエアーズロックは微妙だ。

その意味は、今後の写真を見ていてもらえればわかってもらえるだろう。

緑があって、水場もあるというのが、ほんとに素晴らしい。

バイクを兄弟だと思っているのか、寄ってくる牛たち。

めちゃくちゃカメラ目線。かわいい。

北海道みたいな景色。

この日のキャンプ場は、Baileys Rocks Campground。

昔採石場だったところをキャンプ用に開放しているところだ。無料。

白樺だろうか、白い樹皮の木がたくさん。悪くない雰囲気。

静かで、平和だ。

影絵のような写真を撮ってみたり。

木々の奥に水平線が続いているからこその光の按配なんだろう。

写真の腕が無いことが悔やまれる。

朝はちょっとだけ散策もしてみた。

採石場というだけのことはあり、岩がごろごろ。

こんな綺麗な白い鳥を、鳥マニアでもない僕が自然に見つけられる。

なんにもないけど、欲しいものはぜんぶある。

今日も、満喫。

コメント

タイトルとURLをコピーしました