オーストラリアの交通法規

オーストラリア

前回の記事で書いたが、足止めされた2週間でしたことのひとつが、交通ルールの把握だ。

常に地平線を眺めながらのオーストラリアのドライブは、車やバイクが好きな人なら誰もが一度は憧れるんじゃないだろうか。

でも、楽しいドライブも安全運転あってのこと。

ということで今回は、交通ルールのまとめ。

なお、オーストラリア全土のルールは見出しにオーストラリア、メルボルン特有のルールはメルボルンとしている。

オーストラリアの交通ルールの把握

交通ルールは、日本もオーストラリアもジュネーブ条約に参画しているので、標識の配色や形などがある程度統一され、初見でも理解できるよう配慮されている。

だから何も予習せずとも、大きな問題は起きないようになっている。

(国際免許という、自国で免許を持っていることの証明書だけで海外で運転できるのも、この条約のおかげ。国際免許自体は免許証ではないので、日本の運転免許証もあわせて携帯が必要。ネーミングが上手じゃない。)

ここにオーストラリア政府発行の交通ルールPDFがあるが、全部覚えようとしなくても、必要なところだけ押さえればいい。

なお、以下の標識などの画像はこの政府発行のPDFから引用している。

ラウンドアバウトの曲がり方 in オーストリア

ラウンドアバウトはホントに便利。車がいないのに停止しなくちゃいけないというナンセンスが発生しない。

日本じゃスペースが無いので、現実的ではないと思うけど、軽井沢にあったり、すこしづつ普及してきているらしい。

高速のまま通過できないから事故も減るし、作れる場所にはどんどん作ったら良いと思う。

このサインを見たら、まずブレーキ。高速で進入すなわち事故である。

左側通行であれば、左折で進入する。回転方向は時計回り。

南米や、ヨーロッパ(イギリス以外)の右側通行なら、右折進入で反時計回り。

先にラウンドアバウトの中に進入している車両が優先なので、右側に車がいたら待つ。いなければ一時停止する必要はない。

むしろ、無意味に一時停止すると、後ろから追突されたりして危ない。

半周未満で出るときは、左ウインカーで進入する。

2車線以上ある場合は左レーンを走る。1車線であればなるべく左側に寄せる。

半周以上して出るときは、右ウインカーで進入する。

右車線から進入。

ちょうど半周で出るときは、ウインカーは不要、車線もどこでもよい。

この情報の入手については、交通局のようなところまで出かけて、ルールブックのようなものが無いか聞いたのがきっかけ。

公的機関なんだし、パンフレットかなにかあっても良さそうなものだと思ったんだが、直接の収穫はなし。

でも、「ネットで見れるよ」というのを職員のお姉さんから聞いて、その結果こういう資料を見つけることができた。

トラム/路面電車にも注意 in メルボルン

メルボルンには路面電車が走っていて、黄色いラインの内側は走行してはいけない。

その他、路面電車の乗客を守るルールが細かく定められている。

停止しているトラムのドアが開いていたら、トラムより前で停止。

停止しているトラムのそばは10km/hで徐行。

トラムの通行を妨げてはいけない。

トラムの駅の20m以内は駐停車禁止。

でも、僕ははやく自然の中に出て行きたかったので、このルールはあまり気をつけるチャンスはなかった。

バイクに乗ったその日には、もうメルボルンを去ってたのだ。

日本にも路面電車があって、情緒を感じたりしないわけではない。

でもそれは徒歩で十分堪能したからね。

車も二段階右折!? in メルボルン

路面電車が走ってくるところに右折で突っ込むと、大惨事。

だから車も、二段階右折。

右ウインカーを出しながら、交差する車線に出る。

曲がる先の信号が青になったら、道路を横切って右折を終える。

日本の原付や自転車のルールと同じはずなので、そんなに難しく考えることはない。

シートベルト事情 in オーストラリア

バイクには関係ないが、これはうるさいようだ。

搭乗者全員がつける。シンプル。

罰金は多額で、点数は大きく、警官は厳しいらしい。

うん、バイクでよかった。

In Australia, seat belts are mandatory; everyone in a car must wearone, with no exceptions! Not only are seat belts one of the best ways to keep you safe in a car, if you’re caught with someone not wearing one in the car, you’ll get hit with a massive fine. You could even lose your right to drive in Australia. The police are really tough on this.

https://www.goget.com.au/blog/driving-in-australia/

日本も2008年から、全席着用義務があるわけなので、やることは変わらないと思えば、大した話ではない。

道路交通法第71条の3
1 自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。)を装着しないで自動車を運転してはならない。

2 自動車の運転者は、座席ベルトを着用しない者を運転者席以外の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。以下この項において同じ。)に乗車させて自動車を運転してはならない。

道路交通法

飲酒運転 in オーストラリア

州によらず全土で、血中アルコール濃度が 0.05g/100ml 以上で違法。

A BAC of 0.05% (point 0 five) means that there is 0.05g of alcohol in every 100ml of blood. This is the legal limit for driving in Australia.

alcohol and drug foundation

日本は、呼気1リットルあたりのアルコール濃度が 0.15mg 以上が違法。

アサヒビールの飲酒関連ページによれば、呼気濃度 0.15mg/1L は、血中濃度 0.3mg/1mL に等しい。

そして血中濃度の単位を統一すると、下記の通り。

日本オーストラリア
日本の表記法0.3mg/1ml
分母を統一30mg/100ml
分子をグラムへ0.03g/100ml0.05g/100ml
BAC(血中アルコール濃度)0.03%0.05%

こうして比較してみると、オーストラリアの方がゆるいことが分かる。

面積あたりの人口にとんでもない差があるわけなので、妥当な結果だろう。

飲んでも違法にならない量は?

では、どのくらいまでなら飲んでも、基準に引っかからないのか。

同じくアサヒビールの上記のページによれば、ビール中びん1本、日本酒1合、ウイスキーダブル1杯で、BAC0.02%~0.04%。

体格が小さいほど、1杯の影響が大きいので注意。

結論として、オーストラリアにおいて、テイスティング程度ならば法に触れずに楽しむことができることがわかった。

安心してワイナリーや蒸留所に遊びにいける。

僕が実体験からお勧めできることとしては、タスマニアのウイスキー蒸留所。

ウイスキー産地としての歴史は浅いけど、美味しい酒を造っている。

なお、ワイナリーでも蒸留所でも、「スピッターください」と言えば、飲まずに吐き出すための器を出してくれるので、心配な人は上手に利用しよう。

速度制限は州により異なる

単位は km/h なので、気にしなくてOK。そういえば僕の旅ではマイル表示の国はなかったなぁ。

情報ソースとして頼りないが、wikipediaより和訳引用する。

スクールゾーン市街地郊外ハイウェイ
Capital Territory4050100100
New South Wales4050100110
Northern Territory4060110130
Queensland70以下の道路では40
80(と90,100の一部)では60
110(と90,100の一部)80
50100110
South Australia60以下の道路では2550100110
Tasmania70以下の道路では40
80以上の道路では60
50100110
Victoria70以下の道路では40
80以上の道路では60
50100110
Western Australia70以下の道路では40
80,90の道路では60
50110110

大事なのは、州によりルールが違うということ。

把握しておくべきは、標識のないハイウェイの最高速度。

とくに南北を縦断するスチュアートハイウェイなどは、ひとつの道路がSAからNTへまたがっている。

スチュアートハイウェイ

速すぎるのはもちろん、遅すぎるのも他の運転者をイライラさせて危ないので気をつけよう。

まとめ

オーストラリアはとにかく広いので、郊外に出てしまえば他人を巻き込む事故のリスクは低い。

ラウンドアバウトも、車の多さのため、ヨーロッパや南米の市街の方が難易度が高かった。

安全上は、直線が長すぎることによる眠気や疲れの方が、実は危険性が高かったりする。

メルボルンのような路面電車のある街を避ければ、ルールも簡単。

こんな海外ドライブデビューにぴったりのオーストラリアで、あなたもぜひ一度走ってみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました